ホーム > > 【壁】 壁の一部が切れて見える (特に古いバージョンの場合)

【壁】 壁の一部が切れて見える (特に古いバージョンの場合)

image

壁をじっくり見ると、左図のように、線が途切れていることがあります。

作図中はあまり気にする必要はありませんが、最終的に図面表現を仕上げていく段階では、処理しておきたくなります。

こうなる原因は、壁を結合した後で、壁を削除したり、移動した場合が大半です。

このような時は、「壁復元」ツール(古いバージョンでは「壁切り離し」)で処理できます。

★VectorWorks12以降のバージョンでは、壁の結合状態を維持できるようになっていて、2010ではかなり洗練されてきているので、上記のような問題は生じにくくなっています。

カテゴリー:
  1. まだコメントはありません。
  1. 2012/06/05 22:17

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。