ホーム > 作図のヒント > 【作図のヒント】絶対に閉じてはいけない「データパレット」

【作図のヒント】絶対に閉じてはいけない「データパレット」

image VectorWorksなどBIMの特長は、ひとつひとつのオブジェクト(線とか、多角形とか、壁とか)に、そのオブジェクト固有の属性を割り当てることです。

そして、VectorWorksでは「データパレット」で、オブジェクト固有の属性を管理します。

【例】

直線

image image

四角形

ドア(壁に挿入されている)

image image

以下が重要です!

オブジェクトを編集すると、データパレットの内容が、編集内容に合わせて変わります。

また、データパレットの属性を変更すると、オブジェクトが変形します。

図面を描くという意識だけでやっていると、とにかく、作業画面に表示されたオブジェクトをいじって、オブジェクトを処理することだけを考えがちですが、むしろ、

データパレットの属性編集の結果が、作業画面にオブジェクトとして表示される

と考えるようにしましょう。

極端に言うと、

最初の1回は、ツールパレットからツールを選んで、線とか円とか壁などの、オブジェクトを描きます。

いったん描いたら、あとはデータパレットだけで、オブジェクトの編集をします。

ということです。(現実的には、データパレットだけで処理しようとすると困難が伴いますけれど、とにかくデータパレットを活用しましょう。)

データパレットも、他のパレットと同じく、簡単に開いたり閉じたりできますが、絶対に閉じないようにすること、そして、車のインパネと同じようにいつも視界に入れておくこと、それがVectorWorksに上達するための、必須の要件です。

*

かなり古いですが、CADの基礎を知るためにはとても良い本です。

この本に書かれているようなことを知っておくと、困ったとき、解決の方向性を見つけやすくなりますよ。

カテゴリー:作図のヒント
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。