ホーム > 作図のヒント > 【作図のヒント】 慣れないうちは、「ずれを伴う複製」にチェックを入れましょう

【作図のヒント】 慣れないうちは、「ずれを伴う複製」にチェックを入れましょう

複製コピーは、VectorWorksにかぎらず、いろいろなソフトで便利に使えます。

というか、複製ができるからソフトの有用性があるわけです。

とくに、CADの場合、同じ図形を繰り返し使いますから、複製を使わない作図はありえません。

VectorWorksでの複製方法は、編集メニュー → 複製、あるいは、そのショートカットキー(標準はCtrl+D)。

※Ctrl+D の、D duplicate の頭文字ですが、英語が苦手な人はダブル( double )の D だと憶えてもいいと思います。

imageVectorWorksでは、環境設定で、次のいずれかを選べます。

1.元の図形と同じ位置に複製する

2.元の図形から少しずらした位置に複製する

VectorWorksに十分習熟してくれば、自分の好きな方に設定すればOKですが、

慣れないうちは2の状態、つまり「ずれを伴う複製」にチェックをいれておいた方が無難です。

1の場合、複製された図形は、元の図形の上にピッタリ重なります。だから、見えません

見えないので複製されたかどうか判別しにくいです。そのせいで、うっかりと何度か複製コマンドを繰り返すことがあるのです。

2の場合、複製された図形がちゃんと見えるので、うっかり複製しすぎるという間違いが生じにくくなります。

元の図形と同じ位置に複製したいときは、必ず Ctrl+クリック を使うようにすれば、ずれを伴う複製と、ずれを伴わない複製を容易に使い分けられます。(Ctrl+クリック での同位置複製は、VectorWorks2011以降は、環境設定で設定する必要があります。)

でも、CtrlとShiftの打ち間違いに注意しましょうね!

Vectorworksベストテクニック100表紙『VECTORWORKS ベストテクニック 100』

今までのVECTORWORKS解説書にはなかった、より便利に速く図面を描くためのVectorworksの使い方を100コ紹介しています。上記のような上手な設定法も記載しています。

広告
カテゴリー:作図のヒント
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。