ホーム > 一般 > 【一般】 データをUSBメモリにおいたまま作業してはいけない

【一般】 データをUSBメモリにおいたまま作業してはいけない

以下に記すのは、学校の教室など、不特定多数が使うパソコンで作業する場合の話です。またセキュリティへの配慮が甘いパソコンにUSBメモリを挿すのは狂気の沙汰なので、そういう場合も除外しています。

現在、不特定多数が使うパソコンで作業する場合、USBメモリに個人データを保管するのが一般的でしょう。

しかし、データをUSBメモリにおいたまま作業するのは、好ましくありません。

データをUSBメモリにおいたまま作業するとは、たとえば以下のような使い方です。

  • USBメモリに入っているデータのアイコンをダブルクリックして、直接データを開く。
  • ファイル→開く で、USBメモリからデータを読みこむ。
  • 作業中の保存時に、USBメモリに保存する。

作業は下記のように行いましょう。

  1. USBメモリは、メーカーや型番が異なるものを各1本(=合計2本)用意する。
  2. デスクトップに、自分の作業用フォルダを作成する。このとき、作業用フォルダの名称には、必ず、日付を入れる
  3. 以前から継続した作業を行う場合は、USBメモリから、作業用フォルダに必要な全データをコピーする
  4. パソコンから、USBメモリを取り外す!!!!!!!
  5. 作業中のデータは、すべて、この作業用フォルダから開いたり、保存したりする。
  6. 作業終了時に、デスクトップに作った自分の作業フォルダを1本目のUSBメモリにコピーする
  7. デスクトップに作った自分の作業フォルダを2本目のUSBメモリに移動する

※システムの設定次第では、デスクトップにフォルダを作成できない場合もあると思います。

その場合でも、可能なかぎり、パソコン本体にデータをおいて作業するようにしましょう。

留意してもらいたいのは

USBメモリは、データを「保管する」ための道具だ

ということ。

保存と、保管は、こんなふうに違います。

保存とは、ソフトで作っている内容を、データとしてパソコンに書き出すこと

保管とは、保存したデータを、大事にしまっておくこと

USBメモリに「保存」していたために生じた不幸なできごとの例

  • ソフトを終了する前に、USBメモリを抜いてしまったため、データが破損した(よくあるできごと)
  • パソコンに差しっぱなしにしていたので、蹴飛ばして壊してしまった(パソコンを床上に置いてある教室で起きやすい)
  • USBメモリが自壊した(稀なできごと)

USBメモリに「保管中」に生じた不幸なできごとの例

  • なくした
  • 壊した
  • 水没した
  • USBメモリが自壊していた(稀なできごとですが、末尾の【補足】に書いたことが原因になる場合もあるので要注意)

【補足】

「USBメモリ は壊れない」という印象が一般的なようですが、実は、寿命があります。ハードウェア的な限界で、ある程度の回数以上の書き込みを行うと、ある時点で読み書きできなくなってしまいます。

これも、USBメモリ上にデータを置いて作業するのは好ましくない理由のひとつです。

詳細は、ITやPC関連のHPでよく話題になっているので、そちらを探してみてくださいね。

保管用に使うのであれば、数年はもちます。私が所有するUSBメモリの最古参は7~8年くらい前のもので、ここ数年は非常勤で週1回教えている学校へのデータの持ち運びにしか使っていないので、使用頻度は高くないです。

ただし、昔のフロッピーディスク同様、価格低下に伴って、壊れる割合が高くなっているような気もします。毎年60~80人の学生に授業用に新しいUSBメモリを買ってもらいますが、必ず1~2本壊れたり、不具合が出たりしています。メーカーはあまり関係ないという印象です。

広告
カテゴリー:一般
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。