ホーム > 2D製図 > 【2D製図】 VectorWorksで2D製図をする・ (4) 作図・仕上げ線や見え掛かり線

【2D製図】 VectorWorksで2D製図をする・ (4) 作図・仕上げ線や見え掛かり線

仕上げ線や見え掛かり線は、何らかの建築エレメントを示すためのものです。

VectorWorksを始め、BIMソフトの場合、建築エレメントは、すべて「それが何であるか分かるようなオブジェクト」としてデータを作るので、たんに「線分」として表現することはありません(←あくまでも原則的には、ということ)。

たとえば、見え掛かり線として、四角いテーブル家具を描いたとします。製図ではたんに四角形です。

VectorWorks など BIMソフト の場合は、テーブルという立体形状を配置して、たとえば平面図においては、四角いテーブルを上から見たときに見える形=「四角形」が表示される、ということになります。

つまり、オブジェクトを配置すれば、視点(平面、断面、立面、、、)に合わせて、適切な形状を自動的に表示してくれるので、見え掛かり線を描くという意識はあまり重要ではなくなります。

さて、ここでは、たんに2D製図に限定した話なので、

まず、仕上げ線や見え掛かり線のクラスをアクティブにしてから、、

方法は、基本的な作図ツールをつかって、然るべきのような形を然るべき位置に配置できるように、描くだけ。

    • CADなので、最初から、然るべき形に描かずに、だいたいの形を描いてから、然るべき形になるように変形しても大丈夫です。
    • CADなので、最初から、然るべき位置に描かずに、画面の中の図形が混み合っていない場所に描いてから、然るべき位置に移動しても大丈夫です。
    • 最初から、然るべき形を然るべき位置に描かなければならない、ということはありません。
    • 最終的に、然るべき形が然るべき位置に描かれている、ということで十分です。

重要なのは、そのときの状況に合わせた手順を判断できるかどうか。

この点について柔軟になっておかないと、手間が増えたり、ミスを増やしたりする恐れがあります。

手描きと違って、CADの製図は「行ったり来たりできる」ということを身につけましょう。

広告
カテゴリー:2D製図
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。