ホーム > , 作図のヒント > 【作図のヒント】 壁結合で壁を描く

【作図のヒント】 壁結合で壁を描く

壁をひとつひとつ描くより、壁結合を使った方が手っ取り早いことがあります。

下のアニメーションの中では、複製は Ctrl+クリック、Ctrl+ドラッグで、回転は Ctrl+L で行っています。

スナップしながらぴたっと描かなくても、壁結合ツールでぴたっと合わせられるので、楽ちんですよ。


拡大画面はYouTube上で見てください。)

※2018/6/22 図解を加えた説明を末尾に追加しました。

*

 Vectorworksベストテクニック100表紙『VECTORWORKS ベストテクニック 100』

今までのVECTORWORKS解説書にはなかった、より便利に速く図面を描くためのVectorworksの使い方を100コ紹介しています。

*

 

① 最初の1枚を描きます。

3-1-1-1.png

② Ctrl+クリックで同一に複製し、Ctrl+Lで90度回転し、ドラッグして位置を決めます(寸法が決まっている場合は、TABを押して数値を入力してください。(環境設定でCtrl+クリックで同一に複製をオンにしておく必要があります。)

↓画像は3枚

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

③ ①の壁をCtrl+ドラッグで移動複製します。寸法が決まっている場合は、TABを押して直接①の壁との間隔を数値入力します。

↓画像は2枚

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

⑤ 壁結合の「隅結合モード」でL型につないでクランク状にします。

↓画像は6枚

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

*

 

VectorWorksは線の扱いに多少手間取ります。ここで紹介した方法は、線(補助線)を引かずに位置決めしながら壁を描く方法です。また、CAD一般について言えることですが、ひとつひとつ新しく描きながら作図するより、この例で示したように、すでに描いた図形の編集操作(複製、移動、変形など)を使って作図する方法に慣れた方が効率的な場合が多いので、このような方法を積極的に使ってみてください。

 

 

広告
カテゴリー:, 作図のヒント
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。