ホーム > JW経由のVectorWorks入門 > 【JW経由のVectorWorks入門】 JW_CADのデータをVectorWorksに取り込む

【JW経由のVectorWorks入門】 JW_CADのデータをVectorWorksに取り込む

JW_CADデータの形式

まず、JW_CADのデータを、VectorWorksに取り込める形式にします。VectorWorksのバージョン次第で異なります。

  1. JWW
    2011からは、A&A Jツール JWコンバータ Vectorworks2011J で、JWW形式の取り込みが可能になったとのことなので、JW_CADデータをそのまま取り込みます。
  2. JWC
    12.5より前(?)くらいのバージョンでは、JWC形式の取り込みができるものがあります。ファイル>取り込みで、JWCが表示されればOK。この場合は、JW_CAD側で、JWC形式で保存してから、取り込みます。※VectorWorksでJWC形式が取り込めるのは、数年以上前のバージョンです。ところが、JW_CADもバージョンアップの際にデータ形式が変更になることがあるので、いつまでもこの方法が可能というわけではないでしょう。
  3. DXF
    JWC、JWW形式とも取り込みできない場合は、JW_CADでDXF形式で保存し、それをVectorWorksで取り込みます。
    上記のうち、VectorWorksのバージョンに関係なく取り込めるのは、DXFです。
    とくに、今回は、JW_CADで作成した図面をそのまま使うのではなく、VectorWorksの下図として使うだけなので、どの方法でも問題ありません。

VectorWorksへの取り込み

ファイル>取り込み で行います。

「JW_CADのレイヤを、VectorWorksのクラスとして取り込む」設定にすることを、忘れずに。(この状態がデフォルトのはず)

他は気にしなくてOK。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。