ホーム > JW経由のVectorWorks入門 > 【JW経由のVectorWorks入門】 クラスの作成

【JW経由のVectorWorks入門】 クラスの作成

オーガナイザなどで、クラスの一覧を表示させてください。

JW_CADのレイヤをVectorWorksのクラスとして取り込んであるはずなので、JW_CADで作っていたレイヤが、クラス一覧に表示されているはずです。

まず、下記のクラスを作りましょう。

壁-外 「壁」と打ち込んで、半角の「-」を打ち込んで、「外」と打ち込む
壁-内 (上と同様に)

これを、「外壁」、「内壁」というように名付けることも可能ですが、上記のようにしておくと、階層化されて表示されるので、クラスが増えたとき、見つけやすくなります。

また、必ずグラフィック属性を設定してください。 参考記事クラスのグラフィック属性は必ず設定しましょう

※クラスはこの2つだけで良い訳ではありません。この後、クラスは必要に応じて付け加えていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。