ホーム > Oops! > 【Ooops!】 VectorWorksが落ちる! (データに異常が生じている場合)

【Ooops!】 VectorWorksが落ちる! (データに異常が生じている場合)

わたしは、たくさんのソフトを使っています。また、いくつかの学校で非常勤で教えているので、さまざまな環境の中でソフトを使っています。それらのソフトを、落ちやすいソフト(月に1回以上落ちる)落ちにくいソフト(ほどんど/全く、落ちたことがない)、の2つに分けたとき、残念ながらVectorWorks は、落ちやすいソフトに入ります。 (VectorWorks8~10.5、12.5, 2008, 2011~の体験談です。12.5以降はWindows版のみでMac版のことは分かりません。)

理由は分かりませんが、データに異常が生じて、VectorWorksが落ちる場合があります。

以下は、とある大学のVectorworks 12.5で起きたことです。

あるファイルを開いて、図形を書き加えたら、画面上に、書いていないはずの図形が画面上に出現し、操作しようとすると落ちる。

エーアンドエーに問い合わせたところ、他に起きていない現象だということでしたから、ある限定された環境下でのみ生じるトラブルだったようです。実際、授業の課題で、全員が、同じ環境のPCで、同じ操作をやっていたのに、特定の2名にかぎって上記のトラブルが生じていました。四角形を書いても落ちるという、ありえない現象で、データのどこかに異常が生じているのだろうと推測しました。 ファイルを開いた後、図形を書き加えたり、編集したりしなければ問題なかったので、VectorScriptで書きだしてみました。 VectorScript はテキスト形式なので、テキストエディタで読めます。(DXFも同様ですが、再度読み込む場合の再現性の高さを考慮すると、VectorScript がよいです。) VectorScript を観察していると、A4に1/1で書いていたはずのデータなのに、数万km先の座標値が含まれていました。そこで、この部分を削除してから保存し、あらためてVectorWorksで読み込んでみたら、トラブルは解消しました。 異常が生じた原因は分からなかったので、対症療法に過ぎませんが、VectorScriptで書きだして、丹念に観察するのは、有効な方法です。 また、上記は、他のCADにも応用できる方法です。(DXFなど、テキスト形式で書き出してみる。) ただし、ゼロから作り直した方が早い場合もあります。そこの見極めはご自身でどうぞ。

古いバージョン(9.5くらいだったと思う)で起きた、ファイル名に起因するトラブル

ファイル名で使っている漢字のコードの中に、Windowsのパスの区切りを示す \ (半角の¥マーク)のASCIIコードが含まれていると、ファイルが開けない。 たとえば、構造 の 構 がだめだったり。

カテゴリー:Oops!
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。