ホーム > 一般 > 【作図のヒント】 位置決めには面図形も使えます

【作図のヒント】 位置決めには面図形も使えます

2018/06/22

手書きの図面は、補助線を引いて位置を決め、不要になった補助線を消しゴムで削除しながら作図します。Vectorworksでも同様の方法で位置決めできますが、補助線ではなく、補助図形(面図形である四角形や円など)を使いましょう。最大の理由は、面図形と線は、書く手間に差がない一方で、面図形は線よりも選択・スナップなどが楽だから、位置決めするのも、後から削除するのも楽なのです。

*

以下に使いからの例を示します。

  • ここでは、補助図形を使ってテーブルセットを3000mm右にコピーしてみましょう。アクティブクラスは何でもかまいません。コピー元の図形の基準となる点をスナップして、幅3000mm(高さは任意)の四角形を描きます。

3-7-1.png

  • コピー元の図形の基準点をスナップして、Ctrlを押しながらドラッグし、③で書いた四角形の右上にスナップさせます。

3-7-2.png

  • 上の手順で描いた補助図形を使う必要がない場合は、補助図形(今回は四角形)を削除します。もし同じ補助図形を今後も使う可能性があれば、残しておきます。※残す場合が多ければ、あらかじめ補助図形のためのクラスを作っておいて、上記の作業とに、データパレットから補助図形のクラスを「補助図形のクラス」に変更します。

*

ひとつひとつの補助図形へのクラスの割り当て方については、これが絶対に良い、こうでなければいけないという決まりごとはないので、クラスの一般的な考え方「図形の意味合いが異なる場合は異なるクラスに入れるのがよい」に従えば十分です。手順④に描いたように、この後も使う可能性の有無で考えましょう。

【重要】このTIPSと同じ操作は、他の手順(たとえば同位置複製+数値移動、ポイント間複製)でも可能です。このような場合に考えてほしいのは、操作のステップ数を少なくしたり、自分が使うコマンドを絞り込むことによって、総合的な作業時間を短縮することです。ここで示した方法を使うと、右手、左手の動きをかなり低減できます。来る日も来る日も何百、何千回とあっちこっちに手を動かし続けたときに、少しでも身体に負担が少ない方法を身につけることはとても大切です。

*

Vectorworksベストテクニック100表紙『VECTORWORKS ベストテクニック 100』

今までのVECTORWORKS解説書にはなかった、より便利に速く図面を描くためのVectorworksの使い方を100コ紹介しています。

広告
カテゴリー:一般
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。