アーカイブ

Archive for the ‘壁’ Category

【作図のヒント】 壁結合で壁を描く

壁をひとつひとつ描くより、壁結合を使った方が手っ取り早いことがあります。

下のアニメーションの中では、複製は Ctrl+クリック、Ctrl+ドラッグで、回転は Ctrl+L で行っています。

スナップしながらぴたっと描かなくても、壁結合ツールでぴたっと合わせられるので、楽ちんですよ。


拡大画面はYouTube上で見てください。)

*

かなり古いですが、CADの基礎を知るためにはとても良い本です。

この本に書かれているようなことを知っておくと、困ったとき、解決の方向性を見つけやすくなりますよ。

広告
カテゴリー:, 作図のヒント

【壁】 壁の一部が切れて見える (特に古いバージョンの場合)

image

壁をじっくり見ると、左図のように、線が途切れていることがあります。

作図中はあまり気にする必要はありませんが、最終的に図面表現を仕上げていく段階では、処理しておきたくなります。

こうなる原因は、壁を結合した後で、壁を削除したり、移動した場合が大半です。

このような時は、「壁復元」ツール(古いバージョンでは「壁切り離し」)で処理できます。

★VectorWorks12以降のバージョンでは、壁の結合状態を維持できるようになっていて、2010ではかなり洗練されてきているので、上記のような問題は生じにくくなっています。

カテゴリー:

【壁】 シンボルの「壁への挿入」のオン/オフ

 

壁際に置く家具や設備は、そのままだと「壁に挿入」されてしまって、おかしなことになります。

そこで、モードバーの「壁への挿入のON/OFF」切替アイコンをクリックして、壁に挿入されないようにしておきます。

壁への挿入のON/OFFの切り替えは、うっかり忘れやすい操作で、次に壁に窓やドアを挿入しようとして、「どうしても挿入できない!!」とパニックに陥ることがあります。

なるべく、ここで頭に入れておいてください。

 

カテゴリー:

【壁】 壁のTIPS(テクスチャ設定とレンダリング、曲面壁の考え方)

——————————— iBook用に再編集中 ———————————

壁を描くとき、描く向きによって、その後の扱いが変わります。

カテゴリー:

【壁】 壁の自動結合(環境設定の項目)

VectorWorks(少なくとも2008以下のバージョン)の壁結合は、いまひとつ期待通りに動いてくれない場合があります。

また、結合した壁を移動すると、移動前の包絡状態が残って、壁の一部が切れたような見え方になったりします。

自動結合のオンオフによって、下記のように処理結果が異なります。
オンにしている場合(右上図)、最初からあるL型結合が崩れてしまうのが分かるでしょう。したがって、「壁の自動結合」のオンオフは、そのときの状況によって切り替えるのがよさそうです。

オフ

オン

カテゴリー:

【壁】 ドア 壁の線を表示のオン/オフ

ドアを壁に挿入したとき、データパレットの「壁の線を表示」のオンオフで、表現が変わります。

靴ずりを表現したい場合などに使えます。

下は説明用の動画。

拡大画面はYouTube上で見てください。)

 

 

image


オン ON

オフ OFF
VW015

この機能の利用法、たとえば沓ズリの有無。

カテゴリー:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。