ホーム > 一般 > 【一般】 VectorWorksの中古

【一般】 VectorWorksの中古

2016/03/17

 

「VectorWorks 中古」というキーワードでこのブログに到達する人が少なからずいるので、書いてみます。

ソフトの購入というのは、ソフトが入っているCDやDVDなどのメディアを買うことではなく、ソフトを使って良いという権利を買うことです。VectorWorksにかぎらず、ほとんどのソフトには1本1本、番号が付けられていて、その番号をソフトメーカーに登録することによって、そのソフトが使えるようになります。

おおざっぱな喩えですが、ソフトの使用権というのはソフトメーカーが発行する身分証明書のようなもので、それがなければ正式なユーザーとして認められません。正式なユーザーではないのにソフトを使っているとしたら、それは違法行為になります。車で言えば、無免許運転です。

 

上記を前提に考えてみましょう。

もし、あなたがソフトが入っているCDやDVDの中古を買ったとします。中古なので、あなたの手に入る前に、他の所有者がいたはずです。その所有者がすでにソフトを登録していたら、どうなるでしょう? 当然、あなたは登録できません。「登録できない=使えない」ということです。もし使ってしまったら、それは違法行為なので、発覚して莫大な賠償金を請求されてもやむをえないです。

オークションなどで中古が出ているようですが、事前にソフトメーカーに「ライセンスを第三者から譲渡してもらうことが可能かどうか」を問い合わせて「OK」だったら(※)、次は販売者に「譲渡の手続きをきちんとしてもらえるかどうか」を問い合わせ、これも「OK」だった場合にかぎって、本当に買うかどうかを検討するのがよいでしょう。

(※)VectorWorksがどうなのかは知りません。自分で調べてください。

また、中古はほとんどの場合が現行より古いバージョンでしょう。ソフトのサポート期間はメーカーによって異なりますが、(おそらくメーカーの商売上の理由で)長くはありません。だから、サポートが早い時点で切れます。もしかしたら買った時点でサポート期間が終了して いるかも知れません。そして古いバージョンは最新のOSに対応していないことが多いです。サポート期間や対応OSについて事前に調べておかないと安物買いの銭失いになるかも しれません。

中古を探したくなる要因としては、メーカーの姿勢もあげられると思うので、私も1ユーザーとして中古を買おうという気持ちは分かりますが、リスクがあるのは事実なので、よく考えることを勧めます。

個人的な経験ですが、もう20年ほど前、PCというものがまだ特殊な道具であった時代のことですが、勤務先で購入していたソフトのメーカーから「ライセンスの管理をどうしているか?」という連絡がありました。利用アンケートかと思って実情を伝えたところ、「(私の知らない)ある人から、そのライセンスナンバーで登録したいという問い合わせがあった」、「その人はオークションで買ったと言っている」とメーカーさんに言われて目が点になりました。私はライセンス管理者であっただけで自分ではほとんど使っていなかったので気づかったのですが、そのソフトは盗まれ、その犯人がオークションに出品していたのでした。犯人は「ライセンス」というものの知識がなかったために、ソフトが入っているメディアをオークションに出して儲けようと企んだようです。犯人は購入者と実名で取引していたので、すぐに特定できました。この場合は詐欺に遭ったようなものだから、購入者には罪はありませんし、盗品と知らずに買ったわけで大変な迷惑を被り、とても不愉快な思いをしただろうと思います。結局、諸般の事情で、オークションでの購入者にライセンスを譲渡することになりました。このソフトの場合はライセンスの譲渡が可能であったわけですが、譲渡できないものもあるでしょう。

だから中古のソフトを買うのは危険であると言いたいのではありません。ソフトを買うということは、ソフトが入っているメディアを手に入れることではなく、使用権を手に入れるものであるという認識が重要であると言いたいのです。買った後で困らない条件を整えることができさえすれば、中古を安く買うのは悪いことではないと思います。

 

かなり古いですが、CADの基礎を知るためにはとても良い本です。

広告
カテゴリー:一般
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。