このブログについて

ブログタイトル通り、VectorWorksについての覚え書きやTIPSを掲載していきます。

内容としては、筆者の、大学や専門学校での指導体験(現在進行中)に基づいた、初心者が間違えやすいポイントや、初心者のためのTIPSなど、初歩的な学習時につまづきやすい内容が主体です。(マニュアルや練習本などを調べればすぐに分かることを書くつもりはありません。)

また、エーアンドエーの新庄宗昭氏と、『CADリテラシー演習』というテキスト(ドリル)を執筆したので、このテキストのアフターケアや発展学習のための情報も掲載していこうと思っています。

なお、私は画面やショートカットキーなどはWindows版のものです。画面キャプチャは、VectorWorks 2008のものが大半ですが、バージョンが異なっても極端な違いはないので、類推しながら見てください。

 

【余談】 私とVectorWorks

ずいぶんとたくさんのCAD/CGソフトを使ってきました。JW_CAD、 ARM、 Auto-CAD、VectorWorks、DesignWorkshopRadiance、SketchUp、DesignCAD、Arc+、Infini-D、Stratavision、Artlantis、DRA-CAD、ArcRender、formZ、ArchiCAD、Revit、マイホームデザイナー、、、などなど。試用的にちょろっと使っただけのものもあれば、学校などで教えたものもあります。

感銘を受けたのは、JW_CAD、DesignWorkshopRadiance、VectorWorks、SketchUp、Revit (感銘を受けた、というのは、その時々の自分の環境や状況に依存するので、ソフトの良し悪しということではなく、むしろタイミングに依るところの方が大でしょう。たとえば、もしRevitよりArchiCADを先に使っていたら、RevitではなくArchiCADを挙げたでしょう)。

私がVectorWorksを本気で学び始めたのは、勤めていた大学で授業のためにVectorWorksを導入することになった1998年(だったと思う)からで、大学を辞職してからは、実務でも使っています。

VectorWorksに感銘したのは、青山哲夫氏のデモです。1996年頃だったと思いますが、大学の授業で使うCADを選定していたときで、「これこそ私が考えているCADの使い方だ」という使い方を目の当たりにしたからこそ、VectorWorksに強い興味を抱いたのでした。(初めてMiniCADを見たときは、「だから~?」という程度の印象。こういうソフト自体を、必要としてなかったから。)

「VectorWorksを使うとこんなにうまくいく」ということもあれば、「VectorWorksでやったら面倒くさくてしょうがない」ということもあります。現状のVectorWorksにはちょこちょこと不満を抱いています。そして、私は、VectorWorksを好きでも嫌いでもありません。長く使っているから愛着はあるけれど、愛情は感じていません。そんなこんなで「設計フローのフルコースをVectorWorksで行うと良い」と私は断言できませんが、逆にフローの中のどの部分でVectorWorksをどう活かせるかは心得ているつもりです。

そんなスタンスで、このブログの記事を書いています。

上記とは全く別の話ですが、VectorWorksの大きな魅力は、日本での発売元エーアンドエーの方々の魅力です。彼ら(彼女ら)が関わっているからこそ、VectorWorksは素晴らしいソフトに成長していく可能性があると思っています。

 

【追記 2016/2/14】

今後、ArchiCAD関連の記事を少しずつ加えることにしました。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中